フォト
2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 聞き書き集『奥矢作・水源の里に生きる』 | トップページ | 南知多町「篠島の旅」 »

2009年5月10日 (日)

エコツワーの思い出「早川町」

今年の3月に、NPO生態教育センター主催の「インタープリターと行く野生生物の宝庫山梨県”早川町”1泊2日」に参加しました。

主なポイント
・場所 :〒409-2704 山梨県 南巨摩郡早川町大原野651
早川にすむ生きもの
人が獣がともにある町
早川の集落
わたしたちの町
そして、
3つの温泉
早川の郷土料理

それでは、ポイントの体験をお話しします。
早川にすむ生きもの
Yamasemi346 野鳥:ジョウビタキ、ミヤマホオジロ、ヤマガラ、シメ、エナガ、ヤマセミ
私が見た野鳥で感激があったのは
ヤマセミです。
大きさは、20センチていど(双眼鏡から)で頭に鶏のトサカのような白い羽がたっていて貫禄のある鳥でした。

.
カワセミはお尻のほうがソラ色でちょっとちがいます。

・人が獣がともにある町
Gaido001 野鳥公園から大西さんの案内で自然観察ツワーに参加しました。

大西信正さんは、金華山島でのシカの調査をしておられました。100頭以上ものシカを1頭1頭識別でき、すべてに名前をつけていたそうです。日本人でこれだけ野生動物の研究家は数少ないでしょう。
野鳥公園の入り口には、おばあちゃんの店がありましたがあいにく冬季休業でした。
Eko003 ニホンカモシカは見ることができませんでしたが、木に角でこすりつけた跡やフンがあったりしました。
カモシカの角が落ちていることもあるそうでうです。
山道にアブラチャンが枝先にほんのりとした黄色の花を咲かせていました。

Eko005Eko007Eko009

.

夜のバードウオッチングでは、ヘルシー美里から歩いて田んぼの回りに2つの光が時々見えることがあり立ち止まって観察しました。そう、動物・・イノシシかカモシカです。民家もあるのにこんな近くに居るなんておどろきました。
野鳥公園へは黒桂河内川にかかるつり橋のやませみ橋を渡ります。
橋の上から下を見ても暗くて何も見えませんが、じっと注意していると何やら2つ光り輝くものが見えました。
カモシカの群れが川岸にいます。双眼鏡で見るとなんとも言えない野生の行動が伝わってきます。 

・早川の集落
Eko565 山の上にある茂倉(もぐら)という集落にある七面堂に案内されました。 上に横に,たくさんの色を使って 描いた絵があり、とってもキレイで歴史を感じました。

地元の沢礼子さんは目を輝かせて地元の歴史や生活と、今も残る希少な在来種の瓜、茂倉ウリ。作る喜びを語ってくれました。
・わたしたちの町
早川町とは いったいどんな地域なのか。これを、古来から使われてきた3つの方言を使って説明することができます。その3つの言葉とは「早川入り」、「まんのうがん」、「ゆうげぇし」。早川フィールドミュージアムのメインテーマとなるキーワードです。

・3つの温泉に浸かりました
○西山温泉
Eko010 西山温泉で、初日の自然観察の汗を流しました。
ここの源泉は、かけ流しにとことんこだわった3つの露天風呂です。
売店では、特産品の日本蜂蜜を買うことができました。
柚子と蜂蜜のジュースがあるそうで一度飲んで見たかった。

○ヘルシー美里
Eko018 ヘルシー美里が現在建っている場所には、もともと早川北中学校がありました。しかし時代の流れのせいか過疎化が進み1985年の早川中学校への統合によって廃校となりました。そのような状況の下、地区になんとか活気を取り戻せないものかと考えた結果、1990年に成功した温泉発掘と合わせて昔の校舎を改修した保養施設として再出発することとなりました。(詳細は ヘルシー美里HPへ
今回は、ここで宿泊して温泉三昧でした。

○奈良田の里温泉・女帝の湯
Eko600 奈良田のダム湖を眺めながら奈良田の里に到着した。日帰り湯の奈良田の里温泉に入りました。
1人500円、ぬるくて、肌がとろけるような軟水のお湯にじっくり浸かって、疲れを癒せますよ。

・早川の郷土料理
Eko015 ヘルシー美里の夕食は、
1)ほうとう鍋 山梨料理 、2)ほうれん草のエゴマ和え(おばあちゃん店前栽培、早川産エゴマ)

3)刺身こんにゃく( 中洲のおばあちゃん作成)
4)早川渓流 釣りたて川魚の一品
5)早川流 天ぷら ころ柿など
6)おじょうもん漬け(茂倉ウリの漬け物)
7)きびご飯
8)山蜜ヨーグルト 
まだ沢山のお話しがありますが長くなりました。

写真をごらん下さい。

Map45Yamasemi346_2Kansoku55

  Gaido32

今年の秋にも計画をしています。

Eko012

END

.

.

« 聞き書き集『奥矢作・水源の里に生きる』 | トップページ | 南知多町「篠島の旅」 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブログ更新されたのですね。
拝見させていただきました。

山梨へは良く行きます。
そして、実は早川町は好きな所なんです。
特に、奈良田の温泉にはお湯が気に入り、10年以上前ですが、何度か続けて行きました。ただ、国道52号線から遠いため、最近は行っていません。

懐かしいな。

築城さま、コメントありがとうございました。
早川町は、奥が深そうですね!
9月ぐらいに、岐阜の川島町にある自然発見館のNPO活動を
されている河野さんを指導員としてシルバー会・メロウ倶楽部でツワーを計画予定です。
個人的にも隠れた歴史、文化を模索したいです。
今日は、愛知県の篠島に「聞き書き」の事前調査に1泊ででかけます。

かわさん、こんにちは^o^
東海エリアで、紹介受けて参上です。
魅力大有りです。待ち遠しい思いで、
オフ到来を楽しみにしています。

    imaichi

imaichi さん

ようこそおいで下さいました。
早川町は、大変良かったですよ。
季節的にも2月と11月の気温は似ていると思います。
そして、秋の何かがあると思います。
カモシカに会えますよ。
双眼鏡と懐中電器は持参されると、もっと楽しくなります。
私は、最近揃えた一眼レフカメラを持っていきます。
楽しみですね!!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エコツワーの思い出「早川町」:

« 聞き書き集『奥矢作・水源の里に生きる』 | トップページ | 南知多町「篠島の旅」 »